日中医療交流に尽力
専門家によるプロの
サービス

三井記念病院(日本

公開日:2023-02-21 15:58:54   読書量 :237
公開日:2023-02-21 15:58:54  
237

病院について


  当院は、三井グループの健康診断・療養指定病院の一つであり、日本における権威ある総合診療病院です。世界最小の心臓ポンプ補助循環ポンプカテーテル「インペラ」をはじめ、最先端の放射線治療装置(リニアック)、新しい血管撮影装置、最先端の第4世代の手術ロボット「ダヴィンチ Xi、手術台と心臓血管X線撮影装置を密接に連携させたシステムを導入し、患者さんにより安全で高度な治療を提供します。 また、検査・診断においては、世界最先端の検査機器である320列CTを導入し、より少ない造影剤で患者さんの負担を軽減しながら内部を詳しく検査することが可能な病院です。




病院について


  三井記念病院は、1909年に設立された100年の歴史を持つ、日本を代表する財閥である三井グループ唯一の総合病院で、総合ランキングでは国内トップクラス、医療施設の国際認証機関であるJCIからも認定されている病院です。 三井記念病院は、「患者の生命を大切にし、患者とともに人間性豊かな医療を推進し、より良い社会の実現に貢献する」という理念のもと、医学的根拠に基づいた安全で質の高い医療サービスを提供するとともに、信頼される次世代の医療人を育成し、医療安全の維持・向上に継続的に努めています。

病院の強み


  三井記念病院は、110年以上の歴史を持つ大型総合病院で、循環器疾患に対する先進医療、がんの標準治療や低侵襲治療、高齢者のQOL向上を目指す医療を3本柱に、優れた施設と環境で、患者さんから深い信頼を得ている病院です。


1.循環器系先進医療


  循環器疾患、糖尿病、高血圧、高脂血症合併症、腎不全、脳血管疾患などの生活習慣病に対して、各科と連携して高度な医療を提供しています。


  2016年9月に「三井記念病院 心臓大動脈センター」を開設し、各科の医師による「ハートチーム」を編成し、一般患者からハイリスク患者まで、それぞれの患者さんに応じた総合的な診断と権威ある治療を行っています。


  例えば、心臓病で透析を受けている患者さんや、糖尿病など複数の病気を抱えている患者さんは、時に他の疾患も含めて治療する必要があります。 特定の専門病院の場合、手術後に他の治療のために転院する必要があり、患者さんの負担となる恐れがあります。


  心房細動の患者さんでは、これまで血栓症予防のために経口抗凝固薬が中心となっていました。 しかし、心房細動の患者さんの中には、経口抗凝固薬が必要であるにもかかわらず、過去に大出血を起こした非弁膜症性心房細動の患者さんなど、出血リスクが高く、抗凝固薬を長期間服用することが困難な方もいらっしゃいます。 このような患者さんに対して、三井記念病院のウォッチマン™経皮的左耳介閉塞術は、抗凝固薬の服用を中止して出血のリスクを軽減しながら脳梗塞を予防することが可能です。三井记念医院

左心耳を移植した▲ウォッチマン™と感想(動画 https://youtu.be/mthlfgJ5N7s)


2013年1月1日から2016年12月31日までに、三井記念病院では冠動脈バイパス手術366件、大動脈人工血管・ステント移植手術142件、大血管手術211件を実施しています。


三井記念病院の心臓手術実施件数は、2018年朝日新聞出版「手術でわかるいい病院2018」において、関東地方で17位にランクインしています。


2.がんに対する標準治療と低侵襲治療


当院では、肺がん、乳がん、消化器、泌尿器、婦人科などに対して、先進的な手術、低侵襲手術、化学療法、放射線療法を組み合わせて治療を行っています。


2017年9月に同院泌尿器科に新しい手術支援ロボット「ダヴィンチXi」を導入したことで、より難しい、身体への負担が少ない手術が可能になりました。 これまで開腹が必要だった前立腺全摘出術は、現在ではほぼ100%ダヴィンチで行っています。三井记念医院

▲ダヴィンチXi


当院では、2018年2月にダヴィンチによる胃部分切除術を導入しました。 また、2019年には消化器内科領域でダヴィンチ対応手術が開始されました。 2019年4月現在のダヴィンチ対応手術の実績:前立腺全摘術100件、胃部分切除術27件、直腸がん手術14件、胃がん手術10件。


ダヴィンチ手術のメリット:傷口が小さい、術中出血が少ない、身体機能温存の改善の可能性が高い、術後の痛みが少なく回復が早い、術後合併症のリスクが低い、患部をより正確に切除できるなど。


3.高齢者のQOL(生活の質)を向上させる医療


眼科、整形外科、泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科の各分野で、高齢者のQOL向上を目指した専門的な医療を実践している。


専門医に対応する34の診療科があり、院内で一体となって総合的な診療に取り組んでいます。 術後のリハビリテーションプログラムも充実しており、患者さんが無事に日常生活に戻れるよう支援しています。


4.その他のメリット


2020年3月、三井記念病院はブレストセンターを設立し、高度なチーム医療、診断から治療まで迅速かつ包括的に患者さんをサポートすることを特徴としています。 2017年朝日新聞出版「手術から知るいい病院2017」で、三井記念病院が乳がん手術件数で関東地方32位と紹介されました。2019年4月に乳房再建手術を開始すると、インプラントと自家組織を選択することができます または自家組織を選択できます。 2015年から2019年にかけては、特に乳がん治療が好調です。


三井記念病院健診センターは、40年の健診実績をもとに、新しい医療技術、機器、専門スタッフを備え、生活習慣病の予防、病気やがんの早期発見、迅速な治療に役立つ精密な健康診断を行っています。三井记念医院

臨床情報


  三井記念病院は、敷地面積38,600m2、病床数482床、手術室13室、診療科33科を有する病院です。 年間入院患者数は11,710人で、50歳から90歳の患者数が約9,559人と多くなっています。


  三井記念病院は、2016年11月20日に医療施設の国際認証機関であるJCI(Joint Commission International)の認定を受け、都内で5番目、国内では17番目の認定を受けた▽大学病院。


2020年1月20日から24日にかけて、医療施設の国際的な認定機関であるJCI(Joint Commission International)から新たな認定を受け、認定を更新した。


  JCIの認定審査では、「国際患者安全目標」「患者ケア(麻酔-手術、薬剤、感染)」「医療の質の向上」など14項目、1,146項目の判定が行われました。 1,146項目の判断基準は、患者さんの視点に立ったものです。


治療、処置、実践、方法など、患者さんの視点から病院の基準が審査されます。


主な診療科


  三井記念病院には、一般内科、神経内科、内分泌内科、糖尿病代謝・血液内科、腎臓内科、リウマチ科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、臨床腫瘍科(腫瘍内科)、一般外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺内分泌外科、小児科、精神科、整形外科、神経外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻科、婦人科、産科があり、診療科は以下のとおり。 眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、歯科、口腔外科、緩和ケア科、病理科、検査科、輸血科、他34科。


診察時間三井记念医院

病院所在地


略称:三井記念病院

住所:東京都千代田区神田・和泉町1丁目

情報提供元:三井記念病院公式サイト https://www.mitsuihosp.or.jp/




免責事項:当社は、利用者に対して正確かつ客観的な情報・データの提供に努めています。 当社が提供する情報は、インターネット上で公開されている文献や記事から引用したものであり、利用者の参考情報としてのみで、利用者がそれに従って行う選択・判断について当社は一切の金銭的、法的責任を負いません。

患者
病院
医療
*病気や健康法に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。
COPYRIGHT © 日中医疗观光协会. All RIGHTS RESERVED.
Map
Powered by Feedback Manage