日中医療交流に尽力
専門家によるプロの
サービス
扫码查看移动端
個人情報保護方針
使用目的
患者様からお預かりした貴重な個人情報の記録は、医療機関としてだけでなく、教育・研究機関としても特定の目的のために利用したいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

患者様の個人情報は、以下の目的で、当院の各種法令に基づき利用させていただきます。


当院での利用


患者様が受けられる医療サービス

医療保険事務

- 患者さんに関わる管理・運営(病棟管理、会計・経理、医療事故報告、医療サービス改善等)

医療サービス・業務の維持・向上のための基礎資料


*当院、京都大学で使用しています。


医学教育

症例研究(論文発表、学会発表を含む)

外部監査法人への情報提供

*利用する場合は、可能な限り匿名とします。


他の事業者への情報提供


- 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との医療サービスの提供のための協働

- 京都府地域連携医療推進協議会が設置する地域医療連携基盤サービス(舞子ネットワーク)へのデータ格納

他の医療機関からの医療サービスに関する問い合わせへの対応

- 患者様への医療提供に際し、外部の医師から助言・勧告を受けること

検体検査などのアウトソーシングの実施

患者様のご家族への病状説明

患者様のご家族から医療費に関するご相談を受けること

- 医療保険に関すること(保険事務の委託、レセプトの支払者への提出、支払者・保険者への問い合わせ等)

- 支払者または保険者からの照会への対応

-法令等に基づく行政・司法機関等への書類提出

- 医師賠償責任保険等、医療関連専門機関および保険会社等への相談・届出等

- 他の医療機関、他の学術研究機関、学術団体等が行う医学研究への試料・情報等の提供。

(原則匿名。関係法令および倫理指針を遵守する)

患者名を表示する
病棟では、患者さんの安全を確保するため、診療室にてお名前をお伝えしています。
病棟案内を希望されない方は、外来棟1階患者支援センター内の入院受付にお申し出ください。

患者さんの権利

個人情報に関する権利

患者様は、ご自身の個人情報について、以下のような権利を有しています。


- 個人情報の開示を請求する権利


- 患者様は、所定の手続きに基づき、ご自身の個人情報の開示を請求することができます。

なお、この開示請求には応じられない場合があります。

- なお、患者様が個人情報の開示を請求される場合は、京都大学の定める手数料をお支払いいただきます。


- 個人情報の訂正を請求する権利


- 患者様は、個人情報の開示を受けた日から90日以内に、所定の手続きにより、個人情報の訂正を請求することができます。

なお、この訂正の請求には必ずしも応じられない場合があります。


- 個人情報の利用停止請求権等


- 患者様が、以下の事由により個人情報を利用されている場合。

の場合、患者様は、所定の手続きに基づき、個人情報の利用停止、削除、提供の停止を請求することができます。

なお、利用停止等のご請求には必ずしも応じられない場合がありますので、ご了承ください。

1.当院の利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱った場合。

または、偽りその他不正の手段により個人情報を取得した場合。

個人情報の利用停止または削除を請求することができます。

2.個人情報が法令の範囲を超えて、患者様の事前の同意なく第三者に提供された場合。

は、個人情報の提供の停止を請求することができます。


異議申し立てについて


-患者様から異議があった場合

開示決定、訂正決定、利用停止決定等、または開示請求、訂正請求、利用停止請求に際しての不作為に異議がある場合は、京都大学に対して異議申立てを行うことができます。

患者さんの権利
個人情報を入手する権利
*病気や健康法に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。
COPYRIGHT © 日中医疗观光协会. All RIGHTS RESERVED.
Map
Powered by Feedback analysis